大豆イソフラボンで手軽に更年期対策

更年期障害とは

主に閉経前後の40代〜50代に多くみられる更年期障害ですが、その時期や症状は個人によって様々です。
顔のほてりやのぼせ、動悸、脈が速まる、多汗、めまい、だるい、肥満、痩せる、むくみ、冷えなどの全身的な症状から、肩こりや腰痛、手足のしびれなどの運動器官系、月経異常や不正出血などの生殖器系の症状や吐き気や嘔吐、食欲不振などの消化器系の症状もあります。

 

またイライラや不安、うつ、神経質、睡眠障害、意欲低下などの精神的症状もよくみられる症状です。
これらの症状は加齢によって卵巣の機能が衰えたことによって卵巣から分泌される女性ホルモン(エストロゲン)の量が減少しホルモンバランスが乱れることによって起こります。

 

更年期と大豆イソフラボン

女性ホルモンであるイソフラボンは女性の健康を支える多くの働きをしています。
大豆には「大豆イソフラボン」という、女性ホルモンであるイソフラボンと似た働きをする物質が含まれていることが分かっています。

 

また骨密度を保つ働きもしているイソフラボンが減少することで骨量の減少が加速してしまう更年期において、大豆イソフラボンは骨密度の減少を防ぐ作用もあることも分かっています。

 

大豆イソフラボンを多く含む大豆や大豆製品にはカルシウムも多くふくまれているので、骨を作る材料になるのはもちろん、筋肉の収縮や神経の働きを正常に保つなどの作用もあります。

 

その他にも悪玉コレステロールを減らす作用など、大豆イソフラボンには更年期のエストロゲンの減少によって生じる身心の不調や更年期以降の病気の予防に効果が期待できるといわれています。

 

大豆イソフラボンを多く含む食品と摂取量

女性ホルモン・イソフラボンが減少する更年期には、それに似た働きをする大豆イソフラボンを摂取することで、更年期の様々な不調をカバーすることに有効です。

 

大豆イソフラボンは納豆や豆腐、豆乳、味噌、油揚げ、大豆の水煮、きなこなど大豆や大豆製品に多く含まれています。
またこれを含むサプリメントなどもあります。

 

日本人が日常的に食べる大豆食品ですが、これらに関しては副作用などはないとされていますが、大豆イソフラボンの摂取量には上限値が設定されています。
その背景にはサプリメントなどで大豆イソフラボンのみを過剰に摂取するケースがあるからです。

 

この過剰摂取は、女性ホルモンのバランスを崩す恐れがあり、これによって月経異常や子宮内膜増殖症などのリスクが高まると言われています。
そのため1日当りの摂取目安量の上限値を70〜75rとし、そのうちサプリメントや特定保健用食品などで摂取する量は30rまでが望ましいとされています。
食品の目安では、豆腐一丁(300g)では60r、味噌汁一杯(味噌12g)では6r、納豆1パック(50g)では37r、豆乳(200ml)で50gです。

更年期には大豆食品!イソフラボンの効用

加齢とともに低下してしまう女性ホルモン、そしてそれらに関することで心身にダメージを与える女性の敵である、更年期障害。
なんとかしたいと思っている方や、そろそろ年齢的にヤバイと不安を予期してしまっている方、予防をしたい方にオススメなのが、大豆イソフラボンを積極的に摂取する事です。
たとえば、納豆やお豆腐、お味噌などです。

 

大豆イソフラボンは女性ホルモンに化学構造の似たエストロゲンという成分が含まれている事で注目されています。
イソフラボンの効用は、体内の減ってしまったエストロゲンを補う点です。

イソフラボンは体内でエクオールという物質に変換されます。これが、女性ホルモンに似た働きをする成分であると解明されました。
しかし、イソフラボンからエクオールを作り出せない人が多くいることもわかりました。エクオールを作り出せない人がいくら大豆イソフラボンを摂取してもほとんど意味が無いともいわれています。
しかし、エクオールをじかに補給することで、その効果を得ることができます。
参考:更年期サプリ
参考サイト内の更年期サプリランキングでエクオールのサプリメントも紹介されているので、興味がある方は試してはいかがでしょうか?

 

細胞の活性化や血液循環に関わり、脳の働きも良くなることでアルツハイマー予防としても話題になっています。

 

また、血中のコレステロール値を下げ、悪玉コレステロールを排除したり、コラーゲンを増やす役割から、美肌と関節の健康にも良い結果が表れます。

 

健康である事は基本でありますが、女性なので、美肌も大切ですね。
大豆イソフラボンで新陳代謝を上げ、身体にも心にも良い健康作りをしていきたいものです。

更新履歴