女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)と似た働きをもち、女性の美しさや若々しさを保つ手助けをしてくれます。

 

エストロゲンの働きとは
  • 肌の新陳代謝の促進
  • 髪のツヤやハリを保つ
  • 卵巣内の卵胞の成熟
  • 子宮内膜を肥厚させ着床に備える
  • 丸みのある女性らしい体をつくる
  • 動脈硬化を防ぐ
  • 骨の強化
  • 周期的な生理
  • 自律神経の安定

などが挙げられます。

 

また、最近では乳がん、子宮がん、卵巣がんの発生を抑える効果があることがわかってきています。
今後さらに詳しい研究結果が出てくると思われます。

 

さらに骨粗しょう症を防ぐ効果もありますが、大前提として適度な運動と日光浴、カルシウムの摂取が必要となります。

 

カルシウムを摂ると同時に大豆イソフラボンも摂取するとよいでしょう。
コレステロール値を下げる効果もあるので、積極的に摂取して生活習慣病に備えましょう。

 

一日の摂取量の目安は、納豆なら2パック、豆腐なら一丁、豆乳なら200g入りパックを2つ程度です。
様々な大豆製品を組み合わせて無理なく食事に取り入れていきましょう。

女性の味方!!大豆イソフラボン

たくさんのサプリや化粧水に使われている大豆イソフラボン関連商品を手に取ったことがあるけれど、体にいいということしか知らないという方も多いかと思います。

 

大豆イソフラボンにはたくさんの効果があり、キレイな効果はもちろん万能薬でもあり女性の味方でもあるのです。

 

女性を悩ます更年期障害のほてりの緩和をしてくれ、更年期障害の様々な症状、例えば、耳鳴り、肩こり、うつ傾向、子宮筋腫、めまい、発汗といった症状を緩和してくれるため、40代以降の女性の強い味方です。

 

さらに、メタボリックシンドロームの予防、骨粗鬆症の予防、血液の循環をよくするといった、様々な病気を予防することもできます。

 

もちろん、美容面にも効果を発揮します。
肌の老化予防はもちろん、弾力も増え、保湿機能、肌をさらに明るくするといった、すべての女性にとって、とても素敵な結果をもたらしますし、肌だけでなく、髪にも潤いを与えてくれます。

 

このように、女性にとって、万能薬であり、キレイの味方である大豆イソフラボンは女性の味方といっても過言ではないのです。