言わずと知れたイソフラボンの効果

大豆イソフラボンは、美容や健康に効果があるので、女性に人気があります。
女性ホルモンの中の、エストロゲンという成分に似ているといわれています。

 

エストロゲンは、卵胞ホルモンとも呼ばれ、主に子宮の発育や子宮内膜の増殖、乳腺の発達などを促進する重要な成分ですが、40代半ば頃から老化とともに減少してしまいます。

 

そのエストロゲンと似た大豆イソフラボンを摂取することで、美白?肌の保湿性を高める?シワやたるみの予防?髪にツヤを出す?バストアップ?生理不順の改善や生理痛の抑制、更にはメタリックシンドロームの予防や、血液サラサラ効果まで、様々な効果が期待できます。

 

大豆イソフラボンは閉経後に増加する「更年期障害」や「乳がん」「骨粗しょう症」の予防にも効果があるとされています。
大豆イソフラボンは、大豆胚芽に多く含まれいるフラボノイドから摘出されるので、味噌汁?納豆?枝豆?小豆?醤油などから摂取することができます。

 

イソフラボンとポリフェノール

女性がある程度の年齢になり、特に閉経した後、女性ホルモンの急激な減少に伴い更年期障害というものに悩まされる方がたくさんいます。

 

気分がわけもなくしずんだり、だるくなったり、異常にほてったり汗をかいたりという健康上の問題が主なものですが、肌が荒れたり薄毛になったりと美容面でも変化が出てきます。
これに関わる女性ホルモンというのが、エストロゲンと呼ばれているものです。

 

エストロゲンの減ってしまった分泌量を自分の力でまた増やすことはできないのですが、大豆イソフラボンというポリフェノールの一種の物質がこのエストロゲンのような働きをしてくれます。
大豆イソフラボンは、大豆製品に多く含まれており、摂取すると減ってしまった女性ホルモンの働きを補うことができるのです。
もともとポリフェノールは抗酸化物質ですから、身体に現れる老化現象を防ぐ働きも担っています。

 

ただ、体にいいからといって大豆製品を食べ過ぎるのも良くありませんから、用法容量を守ってサプリメントを摂取すると体調管理しやすいかもしれません。