【一人で悩まないで】更年期の症状と予防法

女性は、40代に入ると卵巣機能が低下してくるので、更年期の症状に悩んでいる人が増えてきます。
ホットフラッシュによるのぼせや発汗、頭痛や吐き気、気分の落ち込みやいらいら、不眠などが見られることが多いです。

 

40代や50代の人は、育児や教育、介護、仕事などでストレスを感じることが多いですし、引越しなどで環境が変わるとストレスを受けて人間関係で悩むことも多いです。

 

更年期の症状で悩んでいる人は、信頼できる専門クリニックに早めに受診をすることが大切です。
女性だけでなく、男性も40代を過ぎると精巣機能が低下してくるので、男性ホルモンの分泌量が低下してきて、女性と同様に更年期の症状で悩む人が増えてきます。

 

病院や専門クリニックでは、ホルモン補充療法などを受けることができたり、投薬による治療を受けることができます。
辛い症状で悩んでいる人は、必要以上に我慢はせずにきちんと治療を受けることが大事です。

 

精神的なストレスを強く感じている人は、家庭や仕事から解放される時間を持つようにしましょう。

 

普段の生活では、栄養価の高い食事を心掛けるようにして、過度なストレスを感じないようにすることも大事です。
環境が変わった時は、リラックスする時間を持つようにして下さい。